メニュー

小児期の近視進行抑制治療

低濃度アトロピン点眼液「マイオピン」


♢毎日就寝前に1滴点眼するだけの
 非常に簡単な治療法です。

当院では、小児期の近視の進行抑制目的のマイオピン点眼治療を行っています。

Myopine(マイオピン)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、シンガポール国立眼科センター(Singapore National Eye Centre)の研究に基づき開発されました。

近視の進行が完全に止まるわけではありませんが、重篤な副作用の報告もなく、少なくとも2年間継続して使用することで、何もしない方と比べ近視の進行を60%軽減できたとの報告があり、臨床的にも有意義な効果が確認されている治療法です。

 

マイオピン点眼治療の対象となる方

※健康保険適応外で自由診療となりますので、費用等の詳細に関してはお気軽にお尋ね下さい。

安全性について

シンガポール国立眼科センター(Singapore National Eye Centre)のアトロピン0.01%点眼液を2年間継続した研究結果の安全性については、以下の報告があります。

  • アレルギー性結膜炎、皮膚炎を引き起こさない
  • 眼圧に影響を与えない
  • 白内障を形成しない
  • 点眼終了後も目の遠近調整機能の低下はなく、瞳孔の拡大も一時的である
  • 電気生理学上、網膜の機能に影響はない

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME