メニュー

花粉症

花粉症は、I型アレルギーに分類される疾患の一つで、植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされます。今や日本人の50%が毎年この病気に悩まされています。
症状はくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴です。
アレルギー性結膜炎は、アレルギー反応により、目の充血やかゆみが起こる病気です。

治療について

アレルギー性結膜炎の治療の基本は、薬物療法です。
薬物療法の目的は、日常生活に支障がないよう、かゆみの症状を和らげることが中心となります。
薬物治療には、抗アレルギー点眼薬が主に使われます。
重症の場合には、ステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬などを使用する場合があります。

花粉などが原因のアレルギー症状の場合、症状が出る前の花粉飛散時期の約2週間前から、抗アレルギー点眼薬による治療を始めることで花粉飛散ピーク時の症状が軽くなります。
毎年花粉症がひどい方は、症状があらわれる前に受診することをおすすめします。

花粉症

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME