メニュー

白内障

白内障とは

水晶体は目の中でカメラのレンズのような役割を担っており、外から入ってきた光を網膜にピントを合わせる働きがあります。もともとは透明な組織ですが、この水晶体が白く濁る病気が白内障です。

白内障の症状

下記のような自覚症状となって現れることがあります

  • ものがかすんで見える
  • 車のヘッドライト等の光がまぶしい
  • ものが二重、三重に見える
  • 目が疲れやすい、近視が進行した
  • 色が鮮やかに見えない

 

白内障の原因

最も多いのが加齢によるものです。にごりの程度は個人差がありますが、通常50歳前後から徐々に進行し、80歳を越える頃にはほぼすべての方にみられます。他に、糖尿病、アトピー性皮膚炎、ぶどう膜炎、ステロイド薬等の薬剤性、生まれつきの先天性、外傷等によるものがあり、若い人で発症してしまうこともあります。

 

白内障の治療

点眼薬による治療

発症して間もない頃は、点眼薬にて進行を遅らせることはできますが、その効果には個人差もあります。根本的な治療法としては手術しかなく、点眼薬では白内障を治すことはできません。

 

手術による治療

各種検査によって、白内障の状態を評価します。白内障の進行程度や日常生活の不自由さに応じて手術加療が必要となります。また、白内障があまり進行していなくても、眼の状態によっては緑内障発作を生じるリスクが高い場合があります。その際は早めに手術をすすめさせていただく場合があります。

 

白内障の手術は、局所麻酔で行います。2.4mmの極めて小さい切開を行い、白く濁った水晶体を超音波で砕いて吸い出し、代わりに人工の眼内レンズを入れる手術です。手術時間は通常10分程で、痛みはほとんどありません。消毒等、準備時間を含めて15分程度で退室いただけます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME